電子定款の作成には事前の準備が必要です

電子定款を作成するためには事前に準備が必要になります。

電子定款でもきちんとした文章を作成しなければいけません。そのためにはまずエクセルやワードなどを利用して電子定款のもとを作成する必要があります。電子定款は一度申請したら再度申請料を50000円程度支払う必要があります。そのようなお金を支払わないようにするためには、公証役場や法務局などで確認してもらうのが良いです。

公証役場や法務局のスタッフはプロなので確実に不備を指摘してもらうことが可能です。事前に電話やファックスで予約をしておくとスムーズに確認してもらうことができます。電子定款を作成するには専用のパソコンソフトなどが必要になります。代表的なソフトはAdobeAcrobatです。

こちらのソフトは基本的な機能のみだと無料でインターネットからダウンロードする事が出来ますが、充実した機能を搭載したAdobeAcrobatを利用しようと考えるのであれば、有償のソフトをインターネットからダウンロードする必要があります。それだけでなくカードリーダライタも購入する必要があります。

このような機材などを全て揃えるのであれば、40000円から50000円程度の費用が必要です。その他にも住基カードがこちらの作成には必要になります。こちらはマイナンバーの影響で通常の方法だと作成は不可能なので、特別に担当者に依頼して個人番号カードを作成してもらう必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *