電子定款を作成する手順

電子定款でPDFファイルによる定款申請ができます。

印刷税法から見てみると電子定款は文書という扱いにはならず、収入印紙4万円が不要となりますが、作成や認証の手続きには時間だけではなくコストもかかるのです。電子定款はどのようにして作成すれば良いのでしょうか。そもそも定款とは会社の目的や業務執行などの基本となる規則を書き記したものになります。定款はそれに書き記されているかどうかという内容で法的な効力がかなり異なってくる内容も含まれているため、会社を設立する手続きをする際は必ず作成、認証される必要があるのです。

電子化することでは印刷代となる4万円を使わずに作成できるので経費の節約に繋がります。作成する際は以下の手順が必要になります。1つ目に作成する際は全てオンライン上での申告になるので、パソコンが必要になります。そのため利用できる環境を確認するのです。2つ目に定款の内容を決定します。紙の定款と同じような内容で記載する内容を決定するのです。専門家の知識も活用しながら検討していきます。

3つ目に認証に必要な機器や電子証明書を取得します。4つ目に公証人役場にて作成した紙の定款を見てもらうのです。誤りをなくすことで今後の手続きが円滑に進んでいきます。5つ目に文書作成ソフトで定款をPDF化します。無料ソフトではできないので、有料のソフトが必要になります。6つ目にPDF化した定款に電子署名をします。7つ目に電子申告を実行します。最後に公証人役場に行き、定款の認証を受けて法人登記を行えば、作成が完了するという流れになるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *