電子定款とはどんなものか

電子定款とは、従来の紙での定款を行なっていた署名や押印に変わって電子文書を作成してこれに電子署名をし、PDF化した定款文書を送信して認証を受けてシステムになるのです。

主に株式会社をはじめとした各法人団体の根本規制を定めたものになります。10年前までは紙媒体で作成して公証人の認証手続きを受けさせる方式でした。しかし、現在は電磁気的方式による電子記録媒体での認証が可能になっています。このことを電子定款というのです。電子定款は紙の媒体ではないため印刷代の4万円が安くなります。しかし、電子定款による認証にはパソコンや準備が必要になる機器やソフトが出てきます。

そのため、紙の媒体での発生する費用である4万円を超えるケースも存在するのです。現在は税金などの申告も電子申告で行われる場合が多いですが、このような電子申告にまだ慣れていない人、またはそもそも経験したことがない人は専門家に依頼する方が安く済む場合があります。電子定款作成や認証の流れは、1つ目に利用する環境の確認で、全てオンライン上での作業になるのでパソコンが必要になります。

2つ目に定款の内容を確認します。定款作成は会社の根本規則の作成なので、専門家などの知識も活用して決定するのです。3つ目に必要になる機器や電子証明書を取得します。4つ目に作成した紙の定款を見てもらうのです。5つ目に定款をPDF化し、それに電子署名を行います。それを申告し、認証を受けた後に登記を行うという流れになっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *