電子定款は電子署名が必要になる

会社を設立するときには定款を発行する必要があります。

この定款は、かつては書類ベースで作成するのが一般的でしたが、電子定款と言う、書類ではない電子データの形式で電子定款を発行することが可能で、近頃はこの電子定款を発行するケースが増えてきているのです。増えている理由はコストが安く抑えられることが最大の要因と考えられます。定款を書類ベースで発行すると収入印紙を貼り付けることを要求されるのですが、この収入印紙の代金は決して安くなく4万円もかかるのです。

しかしこれは電子定款を発行する場合には該当しません。電子データに印紙が貼り付けられないのでもっともですが、他の形でも印紙税に相当する税金を支払わなくても良いのです。そうすると誰しもが電子定款の方を選ぶのではないかと感じますが単純には、そうならない事情があります。それは電子データの形式で発行するとは行っても、ワープロソフトで入力すれば済んでしまう程簡単な方法では出来ないからです。

そして会社にとって定款というのは重要な文書になるため、勝手に誰かが差し替えたり、修正や追記が出来るような状況になってしまうと困ります。そういった行為が出来ないようなデータ形式で定款を作成することが求められ、一般的なワープロソフトで作成した電子データだと、そういったことを防止することが出来ません。防止するためには電子署名を施す必要があり、そのためには会社設立にまつわる専門家の行政書士や司法書士に依頼するのが良い方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *