代行業者は電子定款を使っている

会社設立代行業者は、ほぼ電子定款を使っています。

これは、依頼する側にとってメリットが大きいです。電子定款にすると、紙と違って印紙代4万円がかからないからです。代行業者を利用するには代行手数料以外に法定費用は自分で負担しなければなりません。そのため、法定費用が浮けば依頼する人の金銭的な負担が軽くなりますので、安くしたいという人は使うのがおすすめです。それなら電子定款を自分で作成して会社設立をすれば、業者に頼むよりも安くなるということになるはずです。

これは確かにそうなのですが、作成のためのソフトや機器を買わなくてはならないため、持っていない人はその恩恵を受けることができないので、持っている人ならという条件になります。特に高いのがソフトで、これが3万5000円程の値段です。ICカードリーダライタを入れるとほとんど印紙代と同じくらいの費用になるため、買って戦士定款を作っても、安いメリットは享受することはできません。

持っていない場合は業者を使った方が安くなるわけです。安くなる以外にも、手続を自分でしなくても良いことはメリットです。すべて任せておけば別のことに時間を使うことができるため有効利用できます。また、業者は手続きに慣れているので、スムーズに間違いなくやってくれるので、慣れない人が自分でやるよりも確実です。会社設立の勉強をしたいならあえて自分でやるメリットもありますが、そうでないなら代行業者を利用したほうが効率的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *