電子定款の作成方法は?

会社を設立する手続きとして定款の作成があります。

会社を経営運営していくために必要な基本的な法律のようなものが定款です。会社設立のためには必要な書類になります。定款は紙で提出するものでしたが近年コンピューターの普及によりPDF化したデータとして定款を提出することができるようになりました。このデータの定款を電子定款と呼んでいます。電子定款の作成方法は、紙の場合と変わりはありません。会社の規則となる定款を会社の設立者や設立関係者で相談して決めていきます。

後々経営や運営の方針でもめることのないように事前に定款で示しておくことで争いを防ぐことができるので慎重に決めていきましょう。定款には必ず記載しなければならない絶対的記載事項と記載することで効力を発揮する相対的記載事項があります。心配なようであれば定款ができたら事前で公証役場に確認してもらうと良いでしょう。作成した定款は認証を受ける必要があります。

PDFファイルを関係する役所へ提出するときに会社の設立者・代表者が作ったものである証明です。電子的な承認の過程で電子証明書などが必要となってきます。電子証明の手続きを進めるうえで必要なものはマイナンバーカードとそれを読み取るICカードリーダライタです。自分で手続きをするのであればそれらを用意しておきましょう。電子定款の作成・申請手続きには様々な書類や作業が必要となります。コスト面を考えて電子定款を選ぶのであれば電子定款の作成を代行してくれる会社に依頼しましょう。必要な機器を揃える手間もコストも抑えることができるのでお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *